Profile

自分の写真
Brighture English Academy 代表。趣味はウクレレとかハイキングとかDIYとか旅行などなど。在米20年。シリコンバレーに住みつつ、日本とアメリカとフィリピンで会社経営しています。最近は英語教育がライフワークになりつつある。

2017年10月10日火曜日

最近ゲットしたBluetooth イヤホン、ERATO VERSEがなかなか良かった件

僕はこれまでは30ドルとか40ドルくらいの安物のBluetooth のイヤホンを使い回してきたのですが、この間日本に行った時に、とっても高価なBluetooth イヤホンをゲットしてきました。

これです。

ERATO(エラート) VERSE バース 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth




早速使ってみたので、いいところと悪いところ、率直に書き出してみます。まずはいいところから。

音質が驚異的にいい!

音質の高さはマジで驚異的なくらいに良く、思わずこれまで使って安物を全て捨てようかと思ったレベルでした。そのくらいいいです。

通話音質も驚くほどいい!

通話音質も非常にいいです。妻に装着して喋ってもらいましたが、相手がイヤホンで喋っているとはとても思えないほどクリアでした。

装着してるのを忘れてるくらい軽い

とにかく軽いです。片方4.5グラムらしいですが、マジで付けてるの忘れます。

ペアリングもスムーズ

ペアリングも特に問題ないです。最初の一回だけ普通のBTデバイスみたいな感じでペアリング。あとは毎回ボタンの長押しをするとすぐにペアリングしてくれます。

ボタン操作はiOS11.02 でスペック通り正常に動く

左のイヤホンの操作ボタンを2回押すとボリュームダウン、右のイヤホンの操作ボタンを2回押すとボリュームアップ、再生中に左の操作ボタンを1秒間長押しすると曲戻し、右の操作ボタンを1秒間長押しすると曲送りとなる。このあたりはすべて問題なく動作。あと、音楽がミュートの時に左側2回押すと、Siriが起動します。僕はかなりSiriを使うのでこれはありがたいです。

デザインがカッチョいい!

デザインは無駄にかっこいいです。個人的には、アップルの耳うどんにもかなり勝っていると思います。



バッテリの持ちがいい!

このあたりの仕様はAirpods とだいたい同じで、ケースに入れておくと勝手に充電してくれます。音楽の連続再生時間はMAX3時間ということです 。実際に電池切れになるまで使ってみたら、だいたいちょうど3時間でした。イヤホンを充電ケースにセットするだけで合計4回までフル充電できるそうなので、この公称値を信じるのならば、一度ケースをちゃんと充電しておけば最大15時間使えるということになります。




次は残念なポイントです。

割と簡単に耳から落ちる....

私の友人はまったく落ちないと言っていたので人にもよるのだとは思うのですが、僕の場合、犬の散歩にして行ったらポロポロと割と簡単に耳から落ちました。これが一番ショックでした。クッソ〜と思ったのですが、解決方法を発見したので、後で記載します。

通話中、音が聞こえるのは片耳のみ

通話の音質は驚くほどいいのに、通話中は音が聞こえるのは左側のみです。これは、この手の左右別体型のBluetooth イヤホンでは割と一般的な仕様ですが、アップルのAirPodsは、通話中も両耳から聞こえるのでちょっと残念です。

耳から落ちるのはこれで対策できました!

こんな高価なモノ、失くしたくないので何か対策はないかとネットで調べて見たら、Comply(コンプライ)という会社のイヤーチップにすると相当落ちにくくなることがわかったので、早速注文しました。で、取り替えて見たら...



落ちません!

ジムに行ってトレッドミルの上を20分走ってきたのですが、落ちる気配すらありませんでした。頭を左右にブルブル振っても落ちません。テニスとかしたらちょっとわかりませんが、ジョギングとか自転車くらいなら、落ちる心配はまずないと思います。通勤もまず心配ないでしょう。解決方法が見つかったので、このイヤホンは普段使いに昇格することにしました。



なお、このコンプライのイヤーチップ、俗に「フォームチップ」と呼ばれる種類のもので、低反発性のポリウレタンで作られています。装着する際には、まずギュウギュウとウレタンを押しつぶしてから耳に入れ、耳の中でジワーッと膨れるのを待ちます。やがて耳の中がポリウレタンのフォームで満たされて耳にピッタリとフィットします。耳栓と同じ素材ですから、ピッタリとフィットするのも当然です。

このコンプライという会社のイヤーチップ、とても優れているので、もし今お使いのイヤホンがすぐに取れてしまって悩んでる方がいましたら、このチップへの交換をオススメします。色々なサイズがあります。イヤホンの仕様書をよく読んで、自分のイヤホンにフィットする奴を買ってください。Erato Verse には T-600というサイズのがジャストフィットしました。


なお、日本のアマゾンにはMサイズがありませんでした。このリンクはSサイズなので、気をつけてください。

このBluetooth イヤホンは買いか?

音質の良いイヤホンがお求めの方にはとてもオススメします。まさかイヤホンの音質にこれほどの差があるとは思ってもみませんでした。どれも同じようなもんだろうと思っていたオレがアホでした。すいません。

それから、オシャレに敏感な方にもオススメします。ハッキリ言ってかっこいいです。僕にオシャレなんてどうでもいい人ですが、それでもかなり惚れました。今までのがとてもダサく見えます。イヤホンの音質やデザインなんてどうでもいいよ、という人にはオススメしません。

こんな人にはオススメしません

「音がきこえりゃ何でもいいよ」という人にはオススメしません。このイヤホンの価値はハッキリ言って音質です。そこに拘らない人には価値が見出せないと思います。

カナル型のイヤホンは外部の音が遮断されるのが嫌だ!という人にもオススメしません。ハッキリ言って耳栓をしてるのと大差ありません。外の音はほとんど聞こえませんので、そこを割り切れない人には難しいと思います。

14,623円という価格をどう考えるかはそれぞれだと思いますが、音質やデザインを考えればアップルのAirpodsの 16,800円と相当いい勝負できていると思います。コンプライのイヤーチップを買い足したとしても、見合うとさえ感じます。この辺りは価値観ですから、人それぞれかとは思います。


以上、参考になれば何よりです。そのうちにローエンドのイヤホンも紹介したいと思います。


関連記事:Bluetooth オーディオレシーバーは、意表ついてけっこう便利です!
関連記事:「買ってよかったなあ!」と思うスマホ・アクセサリ8選





「本気で英語を学ぶ人」のためだけのイングリッシュアカデミー、それがブライチャーです。「英語を本気でモノにしたい」そんなあなたの前向きな姿勢に、ブライチャーは本気でお応えします。

ホームページはこちらから。

2017年10月8日日曜日

「ブレードランナー2049」を観て考えたこと

アメリカで封切りになった「ブレードランナー2049」を観てきました。

2時間43分にも及ぶ長編でしたが、最初から最後まで食い入るように観入ってしまい、そして今日再び観に行ってしまったほどインパクトある作品でした。




何がそこまでインパクトがあったのかというと、「人間とはなんなのか?」という作品を貫き通す根本的な問いかけす。AI が猛スピードで発達する今、これは極めてタイムリーな問いかけではないかと強く感じ入った次第でした。



人間を人間たらしめるものはなんなのか?

最近、AIができるのは評するに巧妙なパターン認識であって、AIは何か思考ができるわけではない、というような論調の記事をちらほら目にします。しかし、人間の中には筋だった思考はおろか、大したパターン認識もできない人が大勢いるわけです。また、人間がやってるのは巧妙なパターン認識ではないという確証は一体どこにあるのでしょうか? 

「AI と人間を分けるのは美意識の有無だ」というような考え方もありますが、人間の美意識だって、実はパターン認識の延長かもしれないのです。

あるいは、 「設計図に沿って作られただけの機械には命がない」とするならば、ではDNAという設計図に書かれた通りに成長する人間は、「命がある」と断言できるのでしょうか? 

人間を人間たらしめているのは「人を愛する能力なのだ」という考え方もあるしょう。しかし、僕らが「愛」と考えているものの実態は、実は子孫や名声や富を残すために遺伝子レベルで組み込まれた、極めて精巧なプログラムなのかもしれません。「いや、人間には無償の愛がある」と思う人もいるかもしれませんが、無償の愛は滅多にないからこそ美談なのであり、基本的にそんなものは存在しません。

関連記事:社会的階級と慈悲深さは反比例する
関連記事:人間が人間らしく振る舞うには、お金が必要です



人間と機械を分けるのは、目的意識の有無だけ?

これはまったくの思いつきレベルの私見ですが、人間とAiの違いは、目的意識を持ちうるかどうかだけなような気がします。目的意識を持ってゴール設定をする。これこそが人間らしさです。それがたとえ、「今日はパチンコで儲けてやる」「女を口説いて一発やろう」などといったゴールだとしてもです。逆にこれができない人は、徐々にその位置を機械に奪われていくような気がします。

なおこの「目的意識」ですが、これは、「あれがしたい、これがしたい」というような欲求とは異なったものです。食欲、睡眠欲、性欲といった欲求は昆虫や下等動物にもあるわけで、人間だけに見られる際立った特徴ではありません。また、それに類するものは機械にもプログラム可能であると思うのです。しかし、少なくとも現在のところは、自分なりの目的意識を創り出し、それを実行に移せるAIは存在しません。

今後AIが発達すればするほど「人間を人間たらしめているものはなんなのか?」という議論はさらに熱を帯びていくでしょう。そしてその「人間らしさ」を磨くことこそが、21世紀を生き抜く力となっていくような気がします。

リアリティに溢れる近未来のテクノロジー

この映画でもう一つ面白かったことは VR、AR、音声認識、AI アシスタントといったテクノロジー発達していった延長線上に何が待っているのか上手に映像化して見せてくれた点です。ネタバレになるので内容は書きませんが、「ああ〜。やっぱりこうなるよね」的な納得感がたくさん得られる映画でした。

また、キーボードをタイプしている人がほとんど登場せず、代わりのほぼすべての登場人物が音声でメカ類を操作していてたのも印象的でした。今でもアマゾン・エコーやアップルのSiriによる音声入力が普通に使われつつありますから、あと32年もしたら、確かにキーボードなんてなくなっているような気がします。

関連記事:アマゾンのアレクサ(ALEXA)のカタカナ英語理解度はヤバい

さて、以上が「ブレードランナー2049」の感想です。本当に魅せてくれる映画なので、是非是非ご覧ください。オススメです!

前作を観ておきたい方はこちらをどーぞ!





<

「本気で英語を学ぶ人」のためだけのイングリッシュアカデミー、それがブライチャーです。「英語を本気でモノにしたい」そんなあなたの前向きな姿勢に、ブライチャーは本気でお応えします。

ホームページはこちらから。

2017年10月7日土曜日

「やりたいこと」リストを作ってみよう!


人生にはいつだって「やりたいこと」と、それから「やらなければならないこと」で満ち溢れています。 僕らを往々にして、「やらなければならない」ことばかりを優先し、ついつい「やりたいこと」を後回しにしてしまいがちです。 そうして気がつくと、あっと言う間に10年ぐらい経ってしまうのです。かくいう僕自身もそのうちの一人で、色々とやりたいことがあったはずなのに、気が付いたら半分くらいしかやらないうちに10年も20年も経ってしまったことが感じなのです。

いったいどーすればこのような状況から脱することができるのでしょうか?


関連記事:50歳の今振り返って考える、50歳までにやっておくべき12のこと
関連記事:不幸な人生をおくる10の方法

「優先順位」と「時間の捻出」

この問題を突き詰めていくと、2つの原因に収束します。一つは「時間が足りない」という問題で、もう一つは優先順位の問題です。どちらもなかなか解決が難しいですが、解決不可能ではないはずです。そこで、この2つの問題の解決方法を考えてみることにしました。

まず最初に時間の捻出方法から考えてみましょう’。これについては以前にもいくつかの記事を書きましたが、これまでに僕自身がやってみた限りでは、通勤時間の短縮と、無駄なメールを排除が最も効果的です。それから最近スマホの断捨離も実行しましたが、これも意外に時間を作ってくれます。

関連記事:僕らは通勤で何を失っているのか?
関連記事:メールの「断捨離」を決行してみた
関連記事:スマホのアプリも断捨離してみた

時間の捻出方法は他にもまだいろいろとアイデアがあるのですが、これらはまたおいおい試していきたいと思います。



もう一つの問題は、優先順位の付け方です。

僕らは「To Do リスト」は作るのに「やりたいことリスト」を作ることはありません。ですから「To Do リスト」と同様に「やりたいこと」もリスト化して、きちんと視覚化する必要があるように思うのです。

僕はこの「やりたいこと」のリスト化、まだ20代の若者だった頃にやってみたことがあります。当時読んだ千葉敦子というジャーナリストの著作に触発されたのですが、ひどく感銘を受けてすぐに実行に移したのです。その効果はスゴいのなんの、この時に作ったリストあったことを、すべて無事に達成することができました。もしもあの時に「やりたいこと」リストを作らなかったら、50代になった今もやりたいことが何一つ終わらず、ブーブー言いながら生きていたように思います。ですのでこの「やりたいことリスト」作り、強くオススメします。なお、僕がやった「やりたいことリスト」の具体的な作り方はこちらです。

関連記事:死ぬまでにやってみたいこと


朝起きたら、まず「やりたいこと」からやろう

僕らは朝起きるとまずメールをチェックし、「やらなければならないこと」から実行してしまいがちです。そして全ての「やらなければならないこと」が終わったら、その後に「やりたいこと」をやろうと考えるのです。

ところがこのやり方には根本的な問題があります。こうして「やらなければならないこと」に追われて一日過ごしていると、ようやく夜になって時間が出来た頃にはすっかり疲れてしまっていて「やりたいこと」をやるエネルギーがなくなってしまうのです。ですからやっぱりまず最初に「やりたいこと」をやってしまうのが肝心です。そして、残った時間でどうしてもやらなければならないことをやればいいのです。

最近このやり方に切り替えようと毎日思ってるのですが、長年の習慣でついついまず最初に「やらなければならないこと」をやってしまいます。なので、明日からまず朝起きたら1日の「To Do リスト」を作る時に、先頭にまず「やりたいこと」を書いてしまうと思っています。



以上、「やりたいこと」リスト作成のススメでした。

またしばらくしたら経過報告をしたいと思います。皆さんもこの「やりたいことリスト」作りにチャレンジして見てください!





「本気で英語を学ぶ人」のためだけのイングリッシュアカデミー、それがブライチャーです。「英語を本気でモノにしたい」そんなあなたの前向きな姿勢に、ブライチャーは本気でお応えします。

ホームページはこちらから。