2014年2月26日水曜日

横からの目線

 ずっと前から「褒めて育てよ」ってなんだかおかしいと思っていた。

 4年前にこのブログで、「褒める」っていう行為は、「褒める」ことで相手を操作しているのに過ぎない、というようなを書いた。それに「褒められる」ことを目的に振る舞うってなんだか卑しくないか? というようなも。

 「叱る」という行為も、「褒める」がひっくり返っただけのことで、実は同じことなのだ。このことについても、以前書いたことがある。「褒める/叱る」という行為は、どっちがすぐれているという訳でもなく、コインの裏表なのだ。要するに褒めてコントロールするか、叱ってコントロールするかというだけのお話。つまりはアメとムチなのだ。どちらとも何かがおかしい。

 そして、おかしいと思っていたのに、どうしていい分からずなかなかヤメられなかった。

目線の高さはどこなのか?
 では何がおかしいんだろうか? それは、目線の高さがおかしいのだ。褒める/叱るという行為は、自分が相手よりも偉いとか、優れていると思えるからこそできるのだ。要するに上から目線なのだ。そしてそんなアプローチが、思春期の子供たちに響くはずもない。いや、思春期だけに限らない。大人にも子供にも響かないのだ。褒めるのも叱るのも、ただの条件付けなのだから。

 友達を褒めて誘導するだろうか? 叱って誘導するだろうか? するわけがない。友達は対等な関係であって、誘導なんて失礼すぎてできないからだ。忠告はするだろうし、嫌な思いをさせられたら怒りを露わににするだろう。でもそれは叱るのとは違う。
 友達を褒めるときには、心から感心した時だけだろう。「お前。すげえなあ〜〜!」って。そこにあるのは純粋な感動であり、尊敬の気持ちだ。子供を褒めて伸ばそうとするような、誘導的なものとは全く質が異なる。そして心に響くのはそういう対等の目線なんだ。

上から目線じゃなくて、横から目線を!
 子供や部下に接するときに、必要なのは上から目線なんかじゃなくて、友達に接する時のような「横から目線」だ。ちょっと視点を変えれば、そんな視点で子供や若者や部下に注ぐことは別に難しいことでもないはずだ。

 子供と大人の本質的な違いは、大人の方が早く生まれた、という部分にしかない。そして早く生まれたからといって、別に大人の方が偉いわけではないのだ。そりゃ少しは経験値が高いだろう。でも経験値が高いから、人間的に偉いわけではない。同じ山を登る相手が、10時間早く出発したからといって、自分より偉い訳ではない。そいつは早く出発した分、どこが大変か、ペース配分はどうしたらいいか、少し先に知見を得るだろう。でもそれだけのことだ。

 4年前にブログを書いたときに出なかった答えがようやく出た。
 横から目線で接したとき、褒めるのも叱るのも、まったく質の違ったものとなる。それは誘導なんかではなくて、忠告になるし、賞賛になるし、対話になる。

 自分が下山するときに、これから登る人とすれ違ったら上から目線で接するだろうか? するわけがない。怪我しないように気をつけて、楽しんでこいよ、って思うだけだ。自分の経験をシェアしてあげる。できることはそれだけしかない。それはその人の登山であって、俺の登山ではない。その人はその人の好きなように登ったらいい。

 そんな当たり前のことに気がつくのに、20年ぐらいかかっちまった。子供は成人ぎりぎり。でもまあ気がつかないよりはよかったかな?

===========

そんなことを考えさせてくれたのが岸見 一郎 , 古賀 史健著の「嫌われる勇気」です。ぜひ手に取ってみてください。おすすめです。この本については、また違う角度から書いてみたいと思います。





 

2014年2月17日月曜日

新生ロボコップ、なかなかどうして魅せてくれました

今しがた「ロボコップ」リメイク版を見てきました。

いや〜。素直に面白かった。是非多くの人に観てもらいたいです。



 まだ日本で未公開なのでネタバレはなるべくしないように気をつけつつ。ちょっと感じたことをいろいろと綴ってみましょう。

あらすじは……
 2028年、オムニコープ社は米軍にロボットを提供。海外のあちらこちらでロボットが治安維持や戦争目的で使われている。そんな時代設定の中、物語は始まる。

 オムニコープ社はアメリカ国内でも治安維持のためにロボットの投入を行いたい訳だが、世論は警察官がロボットになってしまうことに強く反対している。なんとか世論を変えたいオムニコープ社。そこで純然たるロボットではなく、瀕死の重傷を負った刑事を改造し、ロボットと人間を合体させたサイボーグを創り上げる。

企業論理に強烈な既視感が……
 細かい話はネタバレになるので割愛なんだけど、僕はこのオムニコープ社がプロパガンダやロビー活動によって法律改定をもくろむ過程がけっこう面白かった。アップルで働いていた頃、どうやったら中高生にiPodの購買層として取り込めるか、みんなでいろいろと知恵をしぼったっけ。iTunes カードやら廉価版のiPod シャッフルの発売などなど。たくさんの会議を懐かしく思い出した。

 また1年ほど前に出版した「企業が『帝国化』する」の中で紹介した企業のロビー活動や企業論理の実態と、この映画の中のオムニコープ社のやっていることは大差がない。儲かれば何でもいい。邪魔するものは法律を改定してでも排除する。子供の病気が増えようと、環境が破壊されようと知ったこっちゃない。残念ながら、これが「企業論理」なんだよなあ……。別にアップルが悪い会社という訳でもなく、まあ企業というものはどうしてもこうなっていくんだよな、ってことを思い出させてくれました。

信じられる未来の設定
 この新生ロボコップが提示する未来は、どれも今現実に存在するテクノロジーの延長線上にあって、十分信じられるものでした。もっとクラウドを利用しろよ、とか思ったシーンもあるんだけど、ネタバレになるので割愛。

 それからみんなスマホを使っているんだけど、この頃にはもっと進化してスマホ以外の何かになっている気がする。それからまだ人々が車を運転してるけど、今から14年後なら自動運転がかなり普及しているだろう。

 ロボットが治安維持にあたるという設定も、意外なくらい違和感がなかった。僕らが生きる2014年の現実の世界でも既にドローンが実戦に投入されているし、自立型の戦闘ロボの研究も着々と進んでいる。だからこんな未来は決して荒唐無稽ではない。むしろ「人間がやるべきことってなんだろう?」っていろいろと考えさせられました。

それから今度のロボコップは車ではなくバイクに乗っている。そしてこれが良かった。スピード感のあるアクション。ロボコップと融合したかのようなバイク。カワサキのニンジャがベースらしい。俺もニンジャ乗りなので、けっこう嬉しかったり。

人間らしさって、なんだろう?
 人間の営む葛藤に満ちた日常は、実はそれ自体非常に価値があるものなんだな。愛、友情、人として間違った行為、苦しみや悲しみ。いろいろな実に人間らしいドロドロとした内面が上手に描かれていて、人間に対していとおしさを感じさせてくれました。

 久しぶりにブログを書く気持ちにさせてくれた、なかなか魅せてくれる映画です。是非ご覧あれ。






2014年2月2日日曜日

家入一真を応援だ!

 「項羽と劉邦」っているタイトルの司馬遼太郎の小説がある。読んだのはもうかれこれ20年以上も前のことだし、何をそんなにハッキリと憶えているわけじゃない。でも、この中に登場する、項羽と劉邦という2人の英雄には惹かれた。

 アップルで働いている間、さまざまな人種の色々な上司に仕えたけれども、ああいう企業で頭角を現す人はどの人も項羽のような「My way or the highway*」っていう感じの人ばかりだった。だから、劉邦のようなリーダーというのは、実は司馬遼太郎の小説の中にしか存在しないんじゃ……と思っていた。

 ところが。出てきましたよ。劉邦のような人が。



 劉邦ってヒゲが立派で、顔が長くて鼻が高い、いわゆるな「龍顔」をしていたそうです。こんな顔だったらしい。



 なんか似てない? 帽子だし、髭だし、鼻高いし……。(えっ、似てないですかそうですかそりゃどうも)

 容姿はさておき、家入一真さん、現代日本の劉邦になりえるんじゃないかな?

 家入一真さんはかつて引きこもりだったそうだけど、劉邦も戦をすれば負けてばかりで、まったくもってどうしてこんな人が漢の初代皇帝になりえたのか?って感じだったらしいです。おそらく周囲の人がどうしても助けたくなるような人柄だったんでしょう。

 家入さんもなんだかお茶目で、海のこっち側のカリフォルニアにいる僕まで何かしてあげたい気持ちになります。そして同じ気持ちの人がこんなに集まってる。



 ぼくら目線、ぼくらの居場所……。そのシンプルなメッセージもすごく響く。待機児童から介護老人まで居場所がない人が沢山いる。年間3万人もの人が、自らの命を絶ち続けている。この人はなんかちょっとヨロヨロしてるけど、すっごく担ぎがいのある神輿なんじゃないか?

 海のこっち側からからやれることは少ないけど、でも僕なりにできる範囲で応援していこうと思う。

がんばれよ〜〜家入一真!!

=========

* 「My way or the highway」っていうのは、「オレの言うこと聞けないならヤメちまえ」っていうアップルやマイクロソフトのような会社でよく使われる俗語です。

司馬遼太郎の「項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)」はこちらから。とってもおすすめです。