2013年9月14日土曜日

英語サミットに出演します!

9月20日、英語サミットに出演します。 

「ぼくらの英語サミット Vol.2 ~グローバルってなんだ?僕らに必要な英語力とは?」 

という番組で、ustreamで放送されます。 

私は文法とか未だによく分からないし、発音記号すら読めません。 

そんな私がこんな番組に出ていいのかと思ったりもしますが、アップル時代にはアメリカ人部下のプレゼンやレポートに赤入れしていましたから、教科書通りではない英語の勉強の仕方や、実際の仕事の現場でどのいうレベルの英語力が要求されるのか、そういった辺りをお話でいればと思っています。

 是非ごらんください。 詳しくは下記のリンクからどうぞ!

WAILINGUAL CHANNEL

  応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2013年9月12日木曜日

アップルってどうしたら入社できるだろう?


 もう20年ほど前のこと。

 せっかく就職した一部上場企業を突然退職しました。まったく何を考えていたんでしょうね? 今考えてもかなり謎です。

 そしてそれから3年後、アップルコンピュータの現地法人、アップルジャパンにて、正社員として働いていました。更にその9年後にはアップル本社のマネージャとして転勤、そしてさらに1年後には本社のシニア・マネージャのポジションに収まっていました。私のすぐ上は副社長。部下は本社だけでも40人強。その他に東京とアイルランドの関連部署の面倒も見ていました。

 その後は新製品のコンセプトレビューから出荷判定会議に至るまで、重要な会議の常連の常連になっていました。そして気が付いたら、日本企業の社畜時代も真っ青なほどゴリゴリと働いてきました。こんなに濃厚な体験を出来るとは夢にも思っていなかったです。あまり人の通らない道を取ってきましたが、「ああ、これでよかったみたいだな」、と思う今日この頃です。

=========

 最初に海外を志したのは中学の終わりか、高校生になったばかりのことでした。ボンヤリとでしたが、「英語で仕事をする」ということをイメージし始めていました。

 今になって振り返って見ると「あの時のあの決定は正しかったな」、と思うこともあれば、「あの時のあの決定は実にマズかった」と思うこともあります。色々なことがうまい具合に働きあって、私をアップル本社へと連れて行ってくれました。

 私と同じ足跡を辿ればアップルやグーグルで働ける、という訳ではありません。しかし、最近の採用傾向も含め、どうやってシリコンバレーの面白い会社に辿り着けるか、どんなふうにキャリアを築いていけばいいのか、私なりの知見を余すことなくみなさんにシェアしたいと思います。

 そんなわけで、私と森山たつをさんの学生時代からの成り行き(?)を振り返りつつ、「海外就職への道」を共演するとにしました。お申し込みはこちらからどうぞ!


松井博、森山たつを講演会 グローバルマッチョ、海外就職研究家への道




クレジットカードなしでも申し込めるようになりました。
上記リンクからお申し込みの上、会場で会費をお支払いください。



応援よろしく!→人気ブログランキングへ