2012年4月23日月曜日

緑色のハムエッグ

Dr. Suess(ドクタースース) といえば "The Cat in the Hat (ザ キャット イン ザ ハット) " という絵本で有名な児童文学者です。この人の本、英語の音やリズムが学びやすいよう非常に工夫されており、そのおかしな内容の反してアメリカでは非常に高く評価されている児童書です。

さてこのドクタースースの本に「Green Eggs and Ham」というお話があります。内容は……知りません。緑色のハムエッグの話らしいのはタイトルから分かります。

で、この緑色のハムエッグを作ってみてる人達がいるらしいとき聞き、「アフォじゃのう〜」と思っていたら、




自分の息子がやっていました。

これがそれ。



う〜ん。

マズそう過ぎる……。

卵の黄身と白身を分け、白身の方に食紅をいれて緑にし、またくっ付けて目玉焼きを作っていました。ハムは食紅を塗って軽く火を通したようです。

おいしそうに召し上がっていました。



緑のハムエッグを食べれば、気分はアメリカの童話の主人公でしょうか?

オレはいいや。






応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月20日金曜日

トロン:レガシーのバイク、買えます。

トロン:レガシー」という映画があります。2010年の映画だったかな?わざわざ劇場で見ましたが、つまらなくてガッカリでした。

映画はつまらないですが、これに出てくるバイク、超カッチョよいです。こんなの:




これをリアルで作ってしまった人がいるんですね。

最初はガソリンエンジンを搭載したようですが、バージョンアップしてリチウムイオン電池を搭載し、電気バイクとなりました。

こんなの:





これを作ったの「Parker Brothers Choppers」というバイクのカスタムショップです。公道で走れるそうです。最高速度は120マイルだそうですから190キロぐらいのようです。お値段のほうは$55,000だそうで、1ドル80円換算で440万円ってところです。高いのか安いのかよくわかりません。



夜走ると、ホントに映画の中みたいでカッチョヨイです。

   

しかし……

驚異的に乗りにくそうですな。
 

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

芝生張り替えーやっと完了

さて芝生張り替え作業、まだまだ続きます。 前日までの作業がおわったところ。



さてすべて芝生を剥がし終わったところで、まずはスプリンクラーの補修です。芝を機械で剥がした時に幾つか壊してしまったので、修理して、動作を確認。いい感じに直っています。



更にまだ一部残っていた土砂を撤去。こんなにあります。



さていよいよ芝生を貼付けます。まずは30ロール買ってきました。この芝生のロール「SOD」と呼ばれ、その辺のホームセンターで売っています。



貼付け開始!……って言ったって置くだけですが。



どんどん敷いていったのですが、全部で77ロール必要でした。そんなに沢山トラックに乗らないので2回買い足しました。

完成です!


最後にスプリンクラーで水をかけ、これでお終いです。



これで予定している庭仕事の半分が終りました。残りは明日です。

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月18日水曜日

芝生張り替えー芝生の破棄

さて昨日は機械で芝生を剥がしましたが。今日はそれを破棄しました。トラックで2回運んで9割がた破棄しました。

昨日の状態。



この剥がした芝生をえっちらおっちらとトラックに載せ、Zanker Road Resource Managementという会社が経営する廃棄物処理場に運びました。あ〜大変だった。

これで大体500キロ分の芝生です。これを2回。およそ1トンの土を運びました。



廃棄物処理場は、なんかこういう感じの、業者しか来ていないようなところです。


庭の方はこんな感じにスッキリとしました。明日はここに芝生を貼ります!



応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月17日火曜日

芝生の張り替えー芝生剥がし編

このところずっと生真面目な話ばかり書いていたので、久しぶりにDIY話を書くことにしました。

うちの庭の芝生、雑草やらタンポポやらにやられ、かなりみすぼらしかったので芝生を張り替えることにしました。

そのためには、まず今生えている芝生を剥がさなくてはなりません。

昨日、今日でその作業をしました。

私は「シャベルで剥がせばいいや」と思っていたのですが、奥さんが「こんな便利な機械があるよ!」と見つけてきたのがこれ:

なんと芝生剥がし機です。



なんかスゴい便利そうです。

使い方のビデオはこんな感じ。



奥さんの口車にすぐに乗せられ、これを借りることに同意。奥さん、もう借りれるところまで調べてありました。

で、早速借りてきました。

で店で実物をみると…… デカ!!

ちょっとためらいましたが、結局借りてきました。軽く100キロはあります。まあイメージとしてはモンスター芝刈り機って感じです。




トラックから降ろすのさえ大変でしたが、それ以前にまず使い方を把握するのにも四苦八苦。とにかく重く、芝生を取るのも一筋縄ではありません。しかし、おお!!本当に剥がれますよ!





しかしこの機械、あまりの重さに向きを変えるのも一苦労です。でも、本当にこんなふうに剥がれます。



半分熱中症になりながら作業を続け、その日のうちに半分をほど芝生を剥ぎ、今朝残りをやって取りあえずほとんど剥がせました。もの凄い筋肉痛です。



さて次はこの剥がした芝生を捨てなければなりません。これがまた大変なんだ(泣)……。

続きは明日です。

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月15日日曜日

「当事者」の時代 - 後編

さて昨日書いた佐々木俊尚氏の『「当事者」の時代』の書評の後編です。

佐々木氏はこの書籍を通して日本の病巣を見事にえぐり出したように思います。

私が本書を読んで一番強く感じたのは、「人は皆誰でも自分は正しくて普通だと思いたいし、責任なんか背負いたくはない」ってことです。

例えばイジメをする中学生もその親も、イジめられる方が悪いとか、環境が悪いと言ってみたりね。親も先生も教育委員会も問題を直視すると自分が問題の「当事者」になってしまうから、みんな言い訳に必死です。

新聞社は自分たちの言論に責任を取りたくないから、自分たちの思い描くストーリーにフィットするマイノリティやら市民運動家に「憑依」し、彼らの声を自分たちに都合良く加工して紙面に載せ、あとは知らん顔です。

日本のメーカーがドンドンとダメになってきていますが、これも同様の構図があるように思います。例えば誰から新しい製品のコンセプトを思いついたとしましょう。でも自分が当事者になって決定を下し、そのアイデアを製品化をして売れなかったら自分が責任の「当事者」になってしまいます。そこで他社と似たり寄ったりの製品を創り、それなりに忙しく右往左往しているとそのうちに時が流れてくれて、で、銘々がそれなりにヒーロー気取りや苦労人気取りもできて、めでたしめでたしです。原発事故の東電や原子力安全員会、あるいは経産省などをみても、同じような「当事者」になることを避けるメンタリティが垣間見えます。

自分が「当事者」になるというのは凄まじいほどに辛いものです。アップルでたかだか4、50人ぐらいの部署の改革をしたことがありますが、1から10まで自分の頭で考えて改革をしていくというのは、失敗した時の恐怖に足がすくみますし、日々批判やプレッシャーに晒され、なかなか辛いものです。それに雇われ人なんですから敢えてそんな苦労を買って出なくても給与はそこそも貰えるんです。なかなか正気ではできないような部分さえあります。

自分が「当事者」となって新しいことをやったりマトモな発言をしたりすると、恐ろしいほどにイジめられたり、足を引っ張られたりしますが、あれはある種の「後ろめたさ」の反転なのかな、と思いました。どの人も本当は各々が「当事者」にならなければならないと、どこかで気付いています。でも堂々と「当事者」になる人が出現すると、各々が「当事者」になることから逃げ回っている自分のダメさ加減を直視しなければならなくなるため、それを避けるために猛烈に足を引っ張るのではないでしょうか?

でも自営業者なら自分が「当事者」なんて当たり前の話です。足を引っ張られるようなこともありません。自分以外は誰のせいにも出来ないのです。会社勤めの頃はもしも改革に失敗しても「足を引っ張ったヤツらのせい」、「理解のない上司のせい」などなど、容易に人のせいにすることができました。そんなことは実際はしませんでしたが、やろうと思えばやれる環境がありましたし、内心では失敗の言い訳を考えていました。ですので実は甘ったれた環境でしたね。アップル時代の自分を美化していた部分にも気付きました。これからもずっと「当事者」として生きていこう、傍観者にはなるまい、と決意を新たにしました。

また佐々木氏の文章には本当に脱帽でした。今年初めて自分が本を出してみて、なか見が濃い本を出すことが如何に困難か痛感しました。ですので、こんなにも「なか見」の濃い本が書けるのか…という素直な感動がありました。プロのジャーナリストと自分を比べること自体おこがましい話ですが、こんな良書に巡り会えて本当に良かったです。




応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月14日土曜日

「当事者」の時代 - 前編

佐々木俊尚氏の『「当事者」の時代』を読んでみました。

472ページとスゴいボリュームなのだが、読み応えがあり、休日を潰して一生懸命読んでしまいました。

感想が多過ぎてどこから書いていいのか分からないぐらいなので、まずは前半の佐々木氏の新聞記者時代の話から書いてみようかと思います。

この本のメインテーマである「マイノリティ憑依」の舞台設定として、まずは佐々木氏の新聞記者時代の話が克明に描かれています。事件の取材やその裏取りの話が延々と続くのですが、色々な意味で既視感が強く、思わず「そうだそうだ」と頷いてしまう部分が沢山ありました。

特に毎日新聞社内のすさまじい競争の話はもうホントに頷くところが多くて、「アップルと同じじゃん」って何度も呟いてしまいましたw。例えばチームで取材に行ったのに、一人だけこっそりと編集局へ戻って自分のネタにしてしまう記者の話や、常に誰がライバルが注視して自分の社内の立ち位置を確認している人の話、後輩や部下のネタを自分の手柄にする人とか…。こういうのいたいた!って感じで、仕事や分野や国籍さえもが違っても、人間って自分の利益のためにはえげつないことするんだよな…、と変に納得してしまいました。

また警察から裏を取るために張り付く記者と警察との間に濃密なハイ・コンテクストな空間が形成される話なども非常に興味深く、共感するところが多かったです。

アップルも秘密主義で濃密なハイコンテクスト・カルチャーですが、そのマネージメントは更にその傾向が強く、影響力のある上級管理職の一言二言やちょっとした表情の変化を頭をひねって解釈したり、言われたことの深読みをしたりと懸命でした。管理職の面子はそんなにコロコロ変わりませんし、10年以上の知り合いも多かったですから、ああいう秘密主義のところで同じような面子でずっと一緒に働いていれば人種を越えて非言語的なコミュニケーションが芽生えていくのものなんだな、とこの辺も奇妙に納得。そこで働いている時にはまったく無自覚でしたが、文章にして読んでみると憶えのあることが沢山ありました。またハレとケのように公式のチャンネルでは建前通りとお約束のを顔をし、非公式のチャンネルについては存在しないかのような知らん顔と言うのもまったくそのままでした。時々部署の方針の発表などがありましたが、よく練られた公式のストーリーが語られ、質疑応答にも万全の準備で臨んでいました。下々にとっては公式発表が世界のすべてですが、これは本当に建前の世界です。

また私は長らく武道をやっていましたが、師範の考えることを先読みしてタバコに火を点けたり車を回したりと、こういうことは徹底的にやりましたし得意中の得意でした。こういうスキル、一概に悪いとも言えないような気もします。実社会に出ればこういう能力が長けていると上長の憶えも早いですし、そればっかりだとアホですが、まったく出来ないのもどうかも思います。

しかしその一方で、こういうハイコンテクストな空間のヤバさと言うのは、段々とそれだけが「世界のすべて」であるかのような奇妙な錯覚に陥ってくるところではないかと思いました。頭では別の世界があると分かっていても、そうした空間に慣れていくことでそれが世界のすべてであるような気分になってきます。また自分たちに酔ってしまう仲良しクラブも形成されやすいように思いますし、馴染めない者は次第にこの濃密な空気に押しつぶされていきます。日本は言語が1種類で、部活なども通年ですので学校時代からこういうハイコンテクストな空間が形成されやすいですし、社会に出てからも雇用が流動化していない分、どの会社でもこういったハイコンテクストな空間が非常に形成されやすい……というよりも形成されないことの方が稀な社会です。イジメなどのもこうしたところに大きな原因があるように思いました。

肝心のマイノリティ憑依については一言も書いていませんが、これはまた明日にでも書こうかと思います。本の内容が濃過ぎてひとつのエントリーに収まりません。



PS:後編を書きました。こちらです。



応援よろしく!→人気ブログランキングへ

ソニーはアップルのように復活できるか?

私は今回出版した本を書くにあたって、アップルの比較対象になる企業が必要になり、パナソニックとソニーについては、かなり色々と調べてみました。そしてパナソニックと比較するのは止めにして、今回の本の中ではソニーとアップルを対比させています。なぜパナソニックはヤメにしたかと言うと、企業形態が余りに支離滅裂で文章化できないほど複雑だったからです。こんなことを言っては何なんですが、パナソニックは早晩大幅な人員削減か倒産、あるいは一部の事業を外国の企業に買収されるなどすると思います。

ではソニーはどうなのでしょうか?

拙書ではソニーとの比較に終始させて頂きましたが、正直言ってソニーですら調べれば調べるほど暗澹としてしまいました。

そんな折り、ソニーが2012年3月期に5200億円もの赤字を計上しました。その発表と相次いで、12年度中に全世界で全従業員の6%にあたる約1万人の人員削減が発表しました。

新しいCEOの平井一夫氏も就任早々大変です。

新たに発表された経営戦略によると、ソニーは構造改革費用として約750億円を計上。デジタルカメラ、ゲーム、モバイル端末の3事業を「コア事業」として位置づけて、経営資源を集中させるんだそうです。

さてこんな処方箋で復活するんでしょうか?

私は到底無理だと思って言います。

なぜ無理か?

まず簡単な算数から考えてみましょう。

ソニーの純利益は四半期で2200億円程度とのことです。ということは単純に考えて利益を2.3倍くらいにしないと今回の赤字+リストラ費用さえ回収できません。仮に1年かけて損失を回収するにしても、1期あたりおよそ1300億円の利益増とならなけばなりません。利益を60%増としてそれを1年間継続する必要があります。2年かけるとしても利益を30%増大させなければなりません。3年でも20%ですね。

ところが現在のソニー製品を見てみると、利益を20%〜60%も押し上げてくれる可能性を感じさせてくれる製品がひとつも存在しません。

ではコストカットは充分なのでしょうか?1万人の削減とあります。仮に多く見積もって一人たりの平均給与が800万程度としましょう。それに諸経費がのって人件費およそ1千万円とします。これを1万人切ると、やっと1000億円です。つまり今期の赤字の1/5にすらならないのです。実際の平均給与はもっと低いでしょうから、多分リストラで減る経費はせいぜい500〜700億円程度ではないでしょうか?そのリストラ費用に750億です。焼け石に水、ということわざが頭をよぎります。

この2点だけ考えても復活は不可能と判断せざるを得ないと思います。ですが問題はもっと根本的なところにあります。

ないないずくしのソニー
- 欲しい製品がない
現在のソニーの根本的にダメなところは「欲しい製品」がひとつもないところです。ワクワクする製品もありません。「これを買ったら生活が変わりそう」とか友達に「買っちゃった〜」と言いたい製品がひとつもないんです。先日の会見でも驚いたことに具体的な製品やサービスの話がただのひとつもありません。これで復活なんて200%あり得ませんでした。

- 世界戦略がない
例えばアップル、グーグル、アマゾンのウエブサイトを見てみましょう。どの国のも基本的に同じように洗練されたデザインです。言語が違うだけです。製品も同様です。ワールドワイドで同じ製品。国によって変えるのはせいぜいSIMカードとキーボードくらいです。ソニーのそれは製品名が違っていたり、アメリカでは売っているのに日本では売っていない製品があったり、またその逆があったり…。それらが購買意欲をそそる製品ならまだしもですが、どちらもダメダメだったりします。ウェブサイトに至っては別の会社かと思うほどデザインが異なります。なぜこんなことになってしまうのか、意味が分かりません。さらにはPSPを後進国で売るとか…貧乏人は時代遅れの製品を使ってろ、って感じでしょうか?そんな風に色々と作るからダメなのに。

- 部門間で話をしているとは思えない
ソニーは「右手が左手」と話をしていない、と感じさせるような商品が大量にあります。事業部間や部門間のコミュニケーションが相当に悪いようです。メモリースティックなんてその象徴のような存在です。あんなもの止めればいいのにいまだに作っていて、あるソニー製品はそれを採用し、ある製品はしていません。これひとつを取ってもどのくらいコミュニケーションが悪いか伺い知れるというものです。


ではどうすればよいのか?

やるべきことは3つあると思います。

- ヒット商品を生む
1にも2にも大ヒット商品の開発が急務です。アップルで言えば復活ののろしになったiMacG3のような製品が必要です。平井氏はそれをやれる人なのでしょうか?先日の会見を見た限りでは不安です。

- 不採算事業の徹底的な清算
そもそも利益を生んでいない部署はもうすべておさらばするべきでしょう。アップルは第1期黄金期の頃1万8千人くらいいましたが、どん底の時には9000人を切っていました。つまり半分です。しかしこのリストラ+iMacG3でアップルは息を吹き返しました。ソニーに半分切れとは言いませんが、1万人は本気が見える数字じゃないですね。16万人のうち、わずか6パーセントです。ヒット商品+大胆な経営スリム化がないと復活はあり得ないでしょう。

- 社内体制の一新
上にも書いたようにソニーは「右手が左手」と話をしていない、と感じさせるような商品が大量にあります。この事業部間の縦割りの弊害については先日の会見の質疑応答でも質問が出たのですが、結局満足に返事もせずにウヤムヤです。


で、何が言いたいのかと言うと


私の本を買って参考にしてください」って言いたいんですw。

つまり単なる宣伝です。

さて散々ソニーをこき下ろしましたが、別にソニーだけの問題じゃありません。ヒット商品や戦略の欠落、あるいは複雑過ぎる社内体制などは、日本のほぼすべての大企業に当てはまると言ってもいいほど根深い問題です。ですので、この本の宣伝、まるっきり冗談ではありません。私がアップルから学んだこと、それなりに参考になると思います。

私は元アップルですが、それ以前に日本人ですから、ぜひ日本企業に復活してもらいたいです。中学のときに買った初めてのウォークマンもソニーでした。

頑張れソニー!



応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月12日木曜日

こわい「おしゃぶり」を集めてみた

普通、おしゃぶりと言うとこんなの連想しますね。







でもユニークな「おしゃぶり」をお求めのあなた。世の中には色々な商品が存在します。





さて、これらを装着するとこんな具合になります。








いずれもアメリカのamazon.comで売っています。お子様へぜひどうぞ!


応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月10日火曜日

Facebookで起こる人脈構築革命

「Facebookで起こる人脈構築革命」という本を読んでみました。

多くの方がご存知のとおり、Facebookはリアルな友達と実名で繋がることを推奨しています。ですので知らない人から友達の申請が来たときに承認を拒否すると「この人を実際に知っていますか?」などと聞かれ、「知らない」と答えるとその後はその人をブロックしてくれます。あくまでリアルな知り合いと実名で付き合いましょう!というスタンスですね。

ところがこの本、「実名だからこそ、リアルで深い人間関係が構築できる」とし、あえてFacebook上で新しい友達を開拓することを薦めています。そして具体的なやり方を懇切丁寧に教えてくれます。読んでいて「なるほど」と思わせてくれる、具体的なノウハウが沢山あります。どれも奇をてらった方法ではなく、実際に信頼できる友人を開拓するのと同じアプローチです。友達の増やし方の他にも、自分にアプローチしてくる人の見極め方や誤った人を友達に足すことで発生する被害などにも言及しており、それらが著者の体験に基づいているため説得力があります。

以前私は、匿名と実名の中間ぐらいにあるMixiなどもやっていましたが、匿名って相手の素性をほとんど判断できません。結局mixiを通じて出来た知り合いはわずか6名ほどで、そのうちリアルにお会いしたのはわずか4名に留まりました。そのうちの半分は「友達の友達」といった方だったので、結局純粋にmixiで増えた友人は2名に留まりました。一時は夢中でやっていましたが、会員が増えるにつれ匿名の悪い所が目立ちはじめ、コミュニティの炎上などもしばしば目にするようになってきました。また日記のコメント返しとか段々面倒くさくなって止めてしまいました。

一方Facebookのファンページなどで炎上を見たこと、ほとんどありません。アメリカ人は時々政治ネタなどでアツくなって実名でののしり合っていますが、「バカ、シネ」などと言い人は非常にするなく、あれはあれで健全な気さえします。私はTwitter やこのブログなどでも実名を晒していますが、はやりキチンと責任のある意見を発していこうと思ったら匿名では説得力に欠ける気がします。

この本を参考に、私も自分の本の読者と広く交流できたらと考えて昨日早速Facebookページを作ってみました。1日で70名ほどの方が「いいね」をクリックしてくれ、早速本の感想やメッセージなどを頂きました。

よろしければぜひ覗いてみてください。

松井博のページ


応援よろしく!→人気ブログランキングへ

2012年4月9日月曜日

小飼弾氏の書評を読んで感じたこと

小飼弾氏という超有名なブロガーがいます。私も氏の「404 Blog Not Found」というブログを頻繁に読んでおり、ここで紹介された本を買ってしまったことも1度や2度ではありません。

さて、本を出版する際は数十部の見本誌が印刷されます。これはマーケティング目的で各所に配布されたり、出版に協力して頂いた方に配ったりするための本です。

今回「僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる」の出版に際しても、30部ほどの見本誌が刷られました。編集部の方に「この本を送りたい先はありますか?」と聞かれ、畏れ多くも小飼弾氏に送って頂くようお願いしました。

すると今日、なんと驚いたことに小飼弾氏のブログに私の本の書評が掲載されました。これです。

責任者出てきた - 書評 - 僕がアップルで学んだこと

非常に好意的な書評を書いてくださり、感謝の至りです。と同時に、この方鋭いな、と感じ入りました。

小飼氏、アップル社内での「個人責任」と「権限」の在り方に着目しました。これ、非常に重要です。団体責任なんてアップルではあり得ません。そして、私は「個人責任」というキーワード、沈みゆく日本メーカー群、ひいては日本そのもの再生にとって、最も重要なキーワードだと考えています。

個人個人の当事者たちに「責任」と「権限」をセットで渡すこと。その上で責任を厳しく問うこと。これ、非常に重要です。今の日本の多くの企業では、たいした責任も問われない代わりにろくな権限も与えられていないのではないかと思います。例えば福島の原発事故を見ても、誰が責任者で、どういう過程で何が決定されているのかも今ひとつ外部に伝わりません。またあれだけの事故を起こしておいて誰の首が飛ぶわけでもありません。東電の社員で、世間にある程度顔が見えたのは現場に踏みとどまった吉田所長だけでしょう。原子力安全・保安院なども他人事といった面持ちでした。しかし逆に責任感とプライドを感じさせてくれたのは、事故の当事者ではない決死の放水作業をした東京消防庁の方達だったりします。なにかが根本的に間違っている気がしたのは、私だけではないでしょう。

ソニーにせよホンダにせよ、創業し成長する過程では、責任を背負い込んだ創業メンバーたちが自分たちの裁量で踏ん張り続けたのだと思います。でもいまやそんな緊張感を保ち続けている企業、数えるほどしかないような気がします。

さまざまな再生のキッカケは、おそらく「責任」と「権限」を当事者たちに渡すところにあります。

===============
PS:本を買ってくださった方、また興味を持ってくださった方たちと交流の場を設けたいと思い、Facebookページを設けました。よろしければ訪れてみてください。

2012年4月8日日曜日

幼児が数分で解けるのに大人が解けない算数(?)の問題

昨日Facebookで流れてきた問題です。

なんでもこの問題幼稚園児が5〜10分で解けるのに、プログラマなどの頭脳労働職の高学歴の方が解くのに1時間もかかるそうです。

私は頭が幼児なのか、30秒くらいで解けてしまいました。



妻や子供にやらせるとかなり苦戦。でも10分程度で解きました。

その後Twitter で流してみたら一日経っても解けない方もいる一方で、数分で解く方もいました。

是非チャレンジしてみてください。
====================
コメントを多数頂いたのですが、ほとんど全部解答かネタバラしだったので、すいませんが掲載を見送ることにしました。

====================

PS:この記事を書いてから2時間ほどで5万ヒットもありました。そして今見たら12万ヒット。なので図々しく本の宣伝を貼ることにしました。アップルで働くのがどんな感じなのか知りたい方、是非どうぞ。






応援よろしく!→人気ブログランキングへ