2009年10月27日火曜日

アストロボーイ

応援よろしく!→人気ブログランキングへ


アストロボーイ、観てきました。

アストロボーイってなにかって?

「鉄腕アトム」の英語名です。

しばらく前からハリウッドバージョンの鉄腕アトムが公開されているんです。

まあ鉄腕アトムがトイストーリーみたいな絵になったと思って貰えればまあそんな感じです。

舞台設定はオリジナルとはかなり変えてありました。だた天満博士が幼くして事故死した息子、飛雄への思いからアトムを製作する、と言った筋書きは同じです。




「こんなのアトムじゃあねえ〜!!」

と言って怒ってしまう方もいるとは思うんですが

私的にはか〜なりいい線行ってると思いました。

ですが、あともうちょっと天馬博士やアトムの心理描写が欲しかったですし、ストーリーに深みが欲しかったです。

でも思ったよりもずっといい出来でした。

100店満点で70点ぐらいかな?

小さなお子さんがいる方には是非是非お勧めします。

2009年10月18日日曜日

重くて眠れない?

応援よろしく!→人気ブログランキングへ


なんかにわかには信じられないんですが、

おっぱいがでか過ぎるとよく眠れないらしいです。

で、そんな贅沢な(?)悩みを解消してくれる商品が

通信販売で売られています。





日本で売れなさそう〜。

2009年10月16日金曜日

やっぱ多いよな、95兆円

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

前回の続きですが、
ここ10年の一般会計推移を見て、鳩山内閣の行き先を注視しておく必要があると思います。

これ財務省が公開している数字です。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/003.htm
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/zaiseitoukei/18b.xls









年度

予算額

歳出総額

税収

公債発行額

2000

89.0

89.0

47.2

37.5

2001

89.8

89.3

50.7

33.0

2002

86.4

84.8

47.9

30.0

2003

83.7

83.7

43.8

35.0

2004

81.9

82.4

43.3

35.3

2005

86.9

84.9

45.6

35.5

2006

86.7

85.5

49.1

31.3

2007

83.5

81.4

49.1

27.5

2008

83.8

81.8

51.0

25.4

2009

88.9


46.4

33.2

2010

88.5


46.1

33.3

2001

95+?





やっぱ95兆円はいくらなんでも多過ぎでしょ。


鳩山さん、


「友愛」なんてカマトトぶってないで頼んまっせ!

2009年10月15日木曜日

鳩山さん、正気ですか?

応援よろしく!→人気ブログランキングへ


鳩山さん、わたし急速にガッカリしつつあります。

あんたアホですか?噓つきですか?どこの国の人ですか?

まず一番の衝撃がこれ。

概算要求額、過去最大90兆円台半ばに

過去最大の90兆円って一体...

野党の時には散々自民党の国債発行にケチ付けて、自分たちの番になったらこれですか?

あなた確か

「国債増えたら、日本が持たない!」

なんて言ってましたよね?

じゃあ国債発行しなきゃいいじゃないですか。

それとも与党になったら突然2枚舌ですか?

噓つきですね。

2010年度の赤字国債の発行額はどのくらいになるんでしょう?まったく楽しみです。

ちなみにこれが過去6年の発行額です。

年度新規国債発行額公債依存度
2004年度36.6兆円44.6%
2005年度34.4兆円41.8%
2006年度30.0兆円37.6%
2007年度25.4兆円30.7%
2008年度
25.3兆円30.5%
2009年度33.3兆円37.6%


挙げ句の果てにね、こんな事も言ってます。

「マニフェストの実現よりも、やはり国債をこれ以上発行してはいけないと、国民の意思としてそのようなことが伝えられたら、あるいはそういう方向もあると思う」

おいおい。

財源はあるって言ったのは他でもない、あんたでしょう。

選挙中も財源がずいぶん話題になりましたよね?

たしか無駄な公共事業などを省き捻出できるはずでしたよね?

つまり国債発行しなくたってマニュフェストに書いてあること出来るはずでしたよね?

あれだけ豪語してたんですから。

赤字国債を発行して捻出するなんてだれも聞いてませんよ。

それから所信表明演説はまだですか?

あなたが総理になってから問題が噴出してますが一体どうするんです?

あんまり増えないうちにいくつか書いておきましょう。

- まだ補正予算を止めたままですね
- 株価は暴落してっきりです
- 凄まじい円高です。でも何もしません。
- 首相自身が不正献金と脱税で特捜の捜査対象ですね。説明責任はいずこに?
- 高速道路の無料化はどうなったんです?

こんな重大な問題はほったらかしで何故かマニュフェストにも書いていない

- 外国人参政権
- 学力テスト廃止
- 朝鮮学校の無料化
- 子ども手当の外国人への至急
- 夫婦別性

などは妙に手早くて熱心なんですか?

あなた一体どこの国の首相ですか?

誰かに変な約束でもしたか、弱みでも握られてるんじゃないですか?

2009年10月14日水曜日

パンツの中身

応援よろしく!→人気ブログランキングへ


この子、まあパンツにはポケットが付いてないので「必要は発明の母」だったんだしょうけど...


創造的というか...


アホというか...


かわいすぎる!




この年齢じゃね、まだウンチとかオシッコとか漏らすと思うんですが

カエルさんがパンツの中にいる時じゃなくて良かったです。

2009年10月12日月曜日

独力で風力発電を作ったアフリカの青年

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

たまには趣向を変えて感動的な話を。

先週の土曜日、ラジオを聞いていたら、アフリカの青年、ウィリアム・カムクワンバ君がラジオに出演していました。

こんな子です。



これはアフリカのマラウイっていう国の、とある貧しい村のお話。

その村は2002年にひどい干ばつに襲われ、ウィリアム・カムクワンバ君(当時14歳)のお父さんは、ついにウィリアム君の学費を出せなくなってしまったそうです。干ばつがどのくらい酷かったかというと、毎日1日1食で家族全員があっという間に骨に皮になったそうです。

退学したウィリアム君はしかたなく図書館で時間を過ごすようになったそうです。でもそこにあるのは先進国から寄付された英語の本ばかり。ウィリアム君は英語が読めなかったそうです。しかしそこで風力発電について書かれた本と出会い、風力発電の写真に心を動かされ、それを理解したい一心で英語を学習し、ついに手作りで風力発電を作ってしまいました。

「本に写真が載っているのだから、だれかがこの機械を作ったということ。それならぼくにも出来るはずだと思った」と、ウィリアム君は語っていました。

材料は、ごみ捨て場から拾ってきた自転車の部品やプラスチックのパイプ、プロペラ、車のバッテリー。タービンを支えるポールには、森で採ったユーカリの木を使ったそうです。プラスチックに穴を空けるドリルさえないので、釘を熱してそれで穴を空けたそうです。

初めて電気が出来た時には家の中に延期を2つ点し、それからお父さんのラジオを鳴らしたそうです。

7年間で作った風車5台のうち、最も大きいものは高さ11メートル余り。地域の学校でも風車作りを教え、その校庭にも1台を設置したそうです。村人たちは「携帯電話を充電したい」「ラジオを聴きたい」と、ウィリアム君の自宅に訪れるそうです。





つまりこの子、7年間の間に独学で英語を学び、風車の作り方を考案し、5台も作ってしまった訳です。



その一方で日本には25年間も引きこもっている人もいます。

かたや英語の本しかなく、かたやインターネットがあります。

インターネットがある方が引きこもり、図書館に外国語の本しかない方が風車作っています。

この差は一体なんでしょうかね?


私はノーベル賞はオバマ大統領じゃなくてこの子に呉れてやった方がいい気がしますね。

2009年10月11日日曜日

次は電子出版の時代

応援よろしく!→人気ブログランキングへ



アメリカではこの頃、電子ブックが盛り上がってきました。
現在の本命はamazon.com のkindle(キンドル)です。

こんなやつ。




コンピュータを必要とせず直接本がこの電子ブック上に買える上、一度の充電で2週間読むことができ、1500冊相当の文字データが入ります。

重さはおよそ500グラム。

1500冊分の本が占拠するスペースを考えると相当な魅力を感じます。

今のところSony 対 Amazon という感じですが、amazon はすでに膨大な量の本を電子化している上に事実上オンライン書店ナンバーワンですから、今のところはKindle の圧勝といった感じです。

「液晶画面から本読めないよ〜」

などとおっしゃるあなた。

実物を見たら考えが変わるでしょう。

従来の液晶とはまったく異なる原理で

紙のような質感の画面なのです。

アメリカでは学生の間でジワリッと売れ始めています。

高校生や大学生で持っている子をチラホラ見かけるようになってきました。

そう遠くないうちに紙に印刷する本はかなり減ってしまうでしょう。

そう。新聞の凋落と同じです。

私の予想では10年くらいの間に

紙と電子出版の比率が5分5分になるでしょう。

ビジネスチャンスを模索中のあなた

次は電子出版です。

2009年10月9日金曜日

さよならハマー

応援よろしく!→人気ブログランキングへ





アメ車のアイコンともいえるハマー、中国の会社への売却が決定したようです。

売却額がたったの159億円。

日本ではデカ過ぎてあまり売れなかったので

ピンとこないと思うんですが

この車、アメリカ国内では驚くほどバカ売れし

ガソリン価格の高騰までは街を我が物顔で走っていました。

注目度はポルシェに負けじとも劣らずだったんです。

ところがGMが破産となり、今年に入ってからは

僅か8193台しか売れておらず

9月の販売台数はたったの426台です。

前年度比64%ダウン。

完全な死に体です。

これじゃGMだって屁の突っ張りにもなりゃしません。

ブランドを売って工場を閉じるのはまあ賢い選択でしょう。

GM は政府にお金をつぎ込んでもらって再建中ですが

厳しい未来としかいいようがありません。

さてどうなるGM?

2009年10月7日水曜日

「ウィニー」開発者に逆転無罪

応援よろしく!→人気ブログランキングへ


「ウィニー」開発者が逆転無罪だそうです。

当たり前田のクラッカーです。

じゃあなんですか?

包丁を発明した人は、人殺しに使える道具を発明した罪で投獄ですか?

拳銃を発明した人は?

ミサイルを開発している人は?

拳銃やミサイルなんてれっきとした武器ですよ。

でもそれで投獄されるなんてあり得ません。

ウィニーを悪用する人は、その人が悪いんであって開発した人が悪い訳じゃありません。

そもそも地裁でこんな低能な判決を出しているから

優秀な技術者は日本を捨てて海外に出て行くんですよ。

まあいいや。

この手のP2P と呼ばれるファイル共有技術は、今後更に重要性を増すでしょう。そう意味でも、この技術者は極めて先見の明が高いといえます。

アメリカのFBI なんて天才的なハッカーを雇って他のハッカー退治に使ったりしてます。

日本の警察もこの人を逮捕なんかしてないで、こういう優秀な技術者を雇ってネット犯罪の摘発に役立てるとかすればいいのに。

このウィニーについて面白かったことといえば

ウィニーに付着するウイルスがあっという間に広まり

あっちこっちのパソコンから彼女とのエッチ動画などがネット中にバラまかれたことですね。

彼女とのエッチをパソコンにしまっておくなら、

そもそもウィニーなんて使うの止めなさいよ。

いろんな意味でいつまでも楽しめるウィニーなのでした。




2009年10月6日火曜日

神のユーモアセンス

応援よろしく!→人気ブログランキングへ


神様って非常に真面目な気がしてたんですが

実は冗談好きなお茶目な人なのかも知れません。

奇跡の印っていうんでしょうか?

マリア様の象が泣いたとか、トリノの聖骸布とか色々とあります。

しかしね、

神様もこんなところに奇跡のしるしを付けなくてもいいと思うんですけどね。


犬のケツです。





...キリスト様のお顔が肛門になっています。


私はクリスチャンじゃありませんが

あまりにクッキリとしたキリスト像に目を奪われてしまいました。


世の中には本当に不思議なことがあるものです。


2009年10月5日月曜日

耳毛の恐怖

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

私、恥ずかしながら何年か前から耳毛が生えてくるようになってしまいました。

ええ。耳毛ですよ。

響きからしてオヤジ臭いです。

加齢集もしてるんじゃないかしら?

ショックです。

鼻毛なら自分で切るのも簡単ですが

耳毛は自分では見えないので

時々奥さんに切ってもらっていました。

が、ある日

耳の中の皮膚を切られて

切ってもらうのをヤメました。

で、耳毛カッターを買ってきました。

こんなものを買わざるを得ないのがまったくショックです。

さて

鼻毛は空気の悪いところに住んでいると伸びてくると言われています。

では耳毛はどうなんでしょう?

調べてみるとですね

なんと、毛の成長を抑える

遺伝子の働きが老化によって低下

したためと考えられているそうです。


まったくね、まさか老化と耳毛が関係あると思いませんでしたよ。

やれやれ。

次は眉毛が村山元総理のように伸びるんでしょうか?

いまから憂鬱です。

2009年10月4日日曜日

アメリカもついにデフレ?

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

世界の消費を支える消費超大国アメリカ。

オバマさんが大統領になってから財政支出のやりまくりで契機を辛うじて支えていますが

景気はなんとか横ばい。まだまだ危うい状況です。

なんか橋本内閣の頃を思い出します。

橋本さん、住専への財政支出を継続し景気は明るい兆しを見せていました。

ところが1997年、

消費税を5%に上げてしまったのです。

その結果、ようやくヨチヨチと回復しかけていた日本経済は、再び奈落の底に突き落とされてしまいました。

実はこれ、決めたのは村山内閣なので、橋本さんだけを非難するのは酷な気がしますが

やっぱ目の前の景気が悪い時は、まずそこを処置しないと。



さてアメリカの景気ですが、

失業率は行ったり来たりで10%超えは目前と言われています。

そして更についにデフレに突入と言った感じです。

特にオンラインショップは笑っちゃうほど安いです。

特に車と家電製品は超お買い得です。

しかしモノが安く売られるということは雇用が中国に移動し、

みんなの給料が安く押さえられているということですから

一度ここにハマると抜けるのは至難の業です。



日本なんか

20年間ハマったままです。


さてアメリカの経済、どちらに向かって行くのでしょうか?

ハラハラドキドキです。